プリウス 保険料 安く

 

人気のプリウス、保険料が1番安い業者を探す方法

 

プリウス 保険料 安く

プリウス 保険料 最安値

プリウス 保険料 安い

プリウス 自動車保険 安く

プリウス 保険料 安く

 

プリウスの自動車保険の保険料を少しでも安くしたいなら、自動車保険一括見積もりサイトがおすすめです!

 

プリウス 自動車保険 安い

 

プリウスは新車で200万円、中古車でも120万円とあまり値崩れしません。
ですから、もしもの時に修理代が保障される車両保険はつけたいところです。

 

しかし、車両保険をつけると保険料がグッと上がってしまいます。

 

自動車保険の保険料は、あなたの年齢・免許の種類・ノンフリート等級・車の年式・走行距離など様々な要因で決まります。

 

どんなに調べても、あなたと全く同じ条件の保険料の相場をネットで見つけることは出来ません。

 

自動車任意保険は毎年必ず加入しなければなりませんから、相場を知りたいなら「一括見積もり」が1番早くて簡単です。

 

プリウスの維持費の中で、保険料は結構な割合を占めます。

 

同じ補償内容なら保険料が安い方がうれしいと思いませんか?

 

 

 

 

自動車保険の補償とは

 

自動車保険の補償

 

自動車保険ってややこしい名前が沢山出てくるので、理解するのが難しいですよね。
でも実は大きく分けて4つの補償からなっているのです。

 

@事故相手の身体への補償
A事故相手の車への補償
B自分の身体への補償
C自分の車への補償

 

この4種類が主な補償です。
そしてぞれぞれに名前があるのです。

 

@事故相手の身体への補償:対人賠償
A事故相手の車への補償:対物賠償
B自分の身体への補償:人身傷害(搭乗者傷害を特約にできる)
C自分の車への補償。車両保険

 

この名前がややこしいと感じる原因ですね。

 

対人賠償と対物賠償は事故の相手に支払われるお金ですから無制限にしておきましょう。
もし相手が死亡した場合は億単位の賠償金が発生することもありますので、必ず無制限にしてください。

 

対物補償もガードレールや電柱を破損した場合は何百万円の支払命令が出ますので、こちらも無制限にしましょう。

 

人身傷害は自分への補償なので保険料と相談して決めてください。最低限のものでも入っておくと安心です。
事故相手が無保険の場合もあるので、多少はあるといいと思います。

 

車両保険は自分の車への補償です。
古い車であれば保険料も高いですし、保険を使って修理すると翌年の保険料がアップします。
ローンがまだ終わっていない車はつけておくと安心ですね。

 

 

 

車 保険 若い 自動車保険 一番安いところ セカンドカー割引 見積もり